本文へスキップ

須賀川インターより車で3分。犬・猫・ウサギ・ハムスターを診療します。土日祝も診療。水曜休診

お問い合わせは  0248-94-5399

〒962-0032 福島県須賀川市大袋町54-3

診療案内medical info

診察案内

  受付時間  日・祝 
 9:00〜11:30 ×    ○ 
10時〜
  12:30

11:30〜15:00
手術・鍼灸・処置等
 (完全予約制)
×    ×

15:00〜18:30

×    ×

※日・祝は午前10時〜午後12時30分までの診療となります。
※水曜日は休診日となります。

診療内容

診療対象動物

犬・猫・うさぎ・ハムスター・小鳥(文鳥・セキセインコ)

診療内容

  • 一般診療

血液一般検査、血液生化学検査、ホルモン検査、アレルギー検査、レントゲン検査、心電図検査、 超音波検査、眼科検査、皮膚科検査、細胞診、病理組織検査、尿検査、糞便検査 の各種検査を行っています。 動物の現在の状態を知ることができるだけでなく、病気の早期発見・早期治療にもつながります。検査の内容は事前にご相談の上、行いますのでご安心ください。

検査項目(こんな事を検査します)

●一般身体検査
 
・聴診(心音・呼吸音・腹部)、体重測定、体温測定
 ・姿勢・歩行・関節チェック
 ・骨格、眼、耳、歯、リンパ節、皮膚のチェック

  などの総合的検査が含まれます。

●糞便検査
糞便検査によって消化管内に寄生虫がいるか調べます。
お腹の虫は、下痢嘔吐の原因となったり、
わんちゃん・ねこちゃんの栄養を横取りします。
寄生虫が見つかった場合、適切な駆虫が必要となります。


●尿検査

試験紙検査:尿糖、ケトン、潜血、PH、蛋白を調べます。
・顕微鏡検査:尿中の細胞、結晶などを顕微鏡で調べます。
・尿分析装置による検査:試験紙検査に加えP/C比A/C比も測定し腎疾患スクリーニン            グに有用です。

●血液検査
・血球の検査:赤血球や白血球、血小板の状態をみます。
・血液中の蛋白の検査:TP,ALB,Glob
・腎臓の検査:BUN,Cre P
・肝臓の検査:GOT(AST),GPT(ALT),ALP,GGT
・血液中の脂質の検査:TCho,TG
・血糖値:Glu
・血液中のミネラルの検査:Na,K,Cl,Ca,P

・内分泌検査(各種ホルモン)の検査
・猫白血病ウィルス検査
・猫エイズウィルス検査  など

●レントゲン検査
胸部や腹部の臓器をうつしだす事で、心臓の大きさや肺の状態・肝臓や脾臓など各臓器・股関節形成不全や変形性脊椎症など外見からはわかりにくい病気を調べます。

●超音波検査
レントゲン検査では判断しにく臓器の検査をおこなえます。
妊娠中の子でレントゲンが困難な妊娠週令でも安心しておこなえます。


●その他
 
必要におうじて、その他の検査も可能です。
 
血圧測定(ペット専用血圧計での測定)
  ・
体脂肪測定(ペット専用体脂肪計での測定)

 
眼検査(スリットランプ検査・眼底検査・眼圧測定・角膜検査・涙量検査等)
 心電計測定(ペット専用の心電計での測定)

予防接種・予防診療

狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア予防、ノミダニ予防 等

  • 避妊去勢手術

避妊去勢することにより子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、 前立腺肥大、肛門周囲腫瘍、精巣腫瘍などに罹患するリスクを減らすことができます。 
※予約制となります(お電話でのご予約も可) 
当院での避妊手術について 去勢手術(陰睾)について
       

各種外科手術

骨折・椎間板ヘルニア・腫瘍摘出など、動物にとってより安全な麻酔、より痛みの少ない手術を心掛けております。

  • 歯科処置

歯石除去、歯根膿瘍治療、抜歯、口内炎、歯磨き指導など各種歯科処置・相談を行っています 歯の治療については歯は大切に

            処置前
siseki
           処置後
suke-rinngu
  • 鍼灸治療                                               当院では、これまでの西洋医学である外科手術や内科療法に加えて、東洋医学である鍼灸治療を取り入れております。 疾患によっては鍼灸を併用する事により、痛みを取り、回復機能をはやめたり、薬物による治療の頻度や量を減らす事が期待できます。より動物に安全でより優しい医療を実践しております。
2次診療施設へのご紹介

高度な検査、処置・手術が必要な場合は高度医療施設・大学病院など2次診療施設と提携し疑われる病気に対しより良い紹介先を紹介をさせていただきます。

マイクロチップ

当院はマイクロチップも取り扱っています。
マイクロチップは、直径約2mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれている小さな電子標識器具で、一般的な皮下注射と同じように注入し、専用のリーダーで読み込みます。

入院施設

当院では、よほどの事でない限り、入院を勧めることはありません。
何故なら、動物達にとって自宅が一番安心できる場所だと思うからです。

往診

飼い主様のご事情により病院につれて来られない時は、往診いたします。
状態・状況により、往診での応対が困難な場合もございます。
詳しくは電話でお問い合わせください。

飼育相談・その他

気がかりな事があれば、元気な時にもどうぞお気軽にご来院ください。

治療の流れについて

  1. 受付

    受付にて簡単に御来院内容をお知らせ下さい。初診の方はカルテを作成しますので問診票にご記入をお願いいたします。     予約制で は無いので、診療時間内にご来院下さい。

  2. 問診

    診察室にて詳しい症状・状態をお聞きします。動物は自分自身では症状を訴える事ができません。日ごろからその子の事をよく分かってる方がお連れ下さい。

  3. 診察

    正確な診療をおこなうには問診・視診・触診・聴診を十分に行なう必要があります。状態により各検査(血液検査・レントケ゛ン検査など)が必要な場合は、料金も含めその旨をお伝えし了承を得てから検査を進めます。

  4. 治療計画の立案

    その子の年齢・状態・検査結果を総合し、今起こっている状態・病態やそれに対する治療法を提示させていただきます。何通りかの治療法がある場合は優先順位をお伝えしながらその旨を説明し飼い主様のご希望をお伺いし治療フ°ランに入らせていただきます。

  5. 治療

    その子になるべく負担のかからず、効果の高い治療法を選択させていただきます。特に猫の場合、内服薬を飲ませることが難しい事が多い為、錠剤・粉薬・液体・注射等、どの方法が良いか その子の性格などをふまえ飼い主様にお尋ねし薬のタイプを選択できるようにしております。


こみなと動物病院こみなと動物病院

〒962-0032
福島県須賀川市大袋町54-3
TEL 0248-94-5399

平日・土曜 
午前9時〜11時30
午後3時〜6時30
日曜・祝日 
午前10時〜12時30
休診日 
 水曜日



須賀川I.Cより車で3分


健康診断 わん・にゃんドック




newpage22.htmlへのリンク