本文へスキップ

須賀川インターより車で3分。犬・猫・ウサギ・ハムスターを診療します。土日祝も診療。水曜休診

お問い合わせは 0248-94-5399

〒962-0032 福島県須賀川市大袋町54-3

鍼灸治療 半導体レーサ゛ー治療

東洋医学/中獣医学療法

● 鍼灸治療は治療の選択肢をひとつ増やします

鍼灸治療とは
 当院では、一般診療とよばれる西洋医学(内科・外科)に加えて、
 東洋医学/中獣医学である(鍼・灸・漢方)を取り入れています。
 症状や検査結果に応じて、内科的治療や外科手術後に鍼灸を併用したり、または鍼灸単独など、その子に一番安全で、より優し
い医療をご提供させていただきます。

●鍼灸とは
「鍼」や「お灸」をからだのツボ(経穴)に皮膚を介して直接刺激することで、神経・リンパ流を刺激し神経・血液・リンパの流れを正常に保ち、自然治癒力を高めることを目的とした治療法になります。
また、ツボ(経穴)を刺激することで、その周囲の筋肉や神経に働きかけるため、痛みを軽減するのに役立ちます。

  
椎間板ヘルニア 鍼治療
sinnkyuu1 
      電気治療器 
dennkikigu
                 
   椎間板ヘルニア 発症時
tuikannbannherunia hattshouji
 
     処置中 
sinnkyuu2
      鍼灸2回目 処置後
sinnnkyuu 3

      
     温灸 その1
onnkyuu1 
        温灸 その2
onnkyuu2

特に運動器疾患(例:椎間板ヘルニア・関節炎・筋炎 等々)や、
神経系疾患(例:末梢神経系疾患・神経麻痺・てんかん 等々)などに効果が見られます。
また、病気でなくとも現れてくる老齢性の変化(足腰がおぼつかなくなるなど)人と同じでマッサージをしたり、温灸をする事で症状が緩和し楽になります。


注意点
  • 診察を行い、鍼灸が有効であると考えられる場合に限り承っております。    (事前にその子の病状をしっかりと把握する必要があります。)
  • 実際の鍼灸治療は非常に時間がかかりますので、予約制となっております。 
  • すべての動物・病気に適応できるわけではありません。            また、その子の性格によっては施術できない場合があります

      ※ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡下さい。


半導体レーサ゛ー治療

最先端技術を用いた半導体レーサ゛ーの導入により
痛みのない、動物に優しい治療が可能になりました。 
re-za-1 
 
レーザー装置での手術・治療は痛みを最小限に抑えることが出来るので、全身麻酔が必用だった手術も局所麻酔や無麻酔で行えるようになりました。
また、複雑で時間のかかっていた手術も、レーザー装置を用いることで、出血量を最小限に抑え、より安全に手術がおこなえるようになりました。
このように、無麻酔・局所麻酔での処置や手術時間の短縮は動物への負担を大幅に減らすことにつながります。さらには、持病等のために、全身麻酔をかけられずに処置出来ないでいた病気も、場合によっては局所麻酔で治療できるものもあります。手の施しようがないとあきらめずに、まずはご相談ください。


●半導体レーザーの主な機能
@疼痛緩和と創傷治癒
半導体レーザーは、血行や細胞の活性化を促し、捻挫、皮膚炎、傷に対して、疼痛の緩和、消炎、創傷治癒促進に非常に効果的です。               特に神経の病気の治療において効果を示します。
半導体レーザーによる治療は、動物に対して苦痛を与えず、副作用がないという点も高く評価されています。

 
 reza-2

 A血管シーリング
「半導体レーザー」導入により体内に糸を残さない、動物に優しい手術が可能になりました

当院では、血管を糸で結紮するのではなく、レーサ゛ーを利用して血管をシール(密封)する事のできる半導体レーザーを使用することにより術後、縫合糸への反応により起こる事がある「縫合糸反応性肉芽腫」という病気の防止につとめています。

kettukann si-rinngu 

B腫瘍の蒸散
体表のイボを無麻酔や局所麻酔で摘出することが可能になりました。
摘出部位や蒸散部位は出血もなく縫合糸も必要ありません。動物への負担を軽くすませることができます。
ibojyousann 

C歯周病治療
歯石除去後、レーザーを歯周ポケットへ照射することにより、歯周病菌の殺菌と処置後の歯肉の引き締め効果が得られます 
faiba 

D腫瘍の成長を抑え、腫瘍を減少・または消失させる。
 レーザーファイバー先端を腫瘍内に差込み、レーザーを照射します。
レーザーを照射することにより腫瘍内の温度が上昇します。
腫瘍細胞は42度から生存率が下がりますが、正常細胞は43度から生存率が下がってきます。この差を利用した治療です。死んだ細胞は生体内の食細胞の食作用で体内に吸収され消滅します。

E緑内障の治療
緑内障とは、眼の中にある眼房水が溜まりすぎて眼圧が上昇し、痛みや失明を起こす病気です。
初期であればレーザーを強膜上から照射し毛様体に照射することによって、 房水の産生抑制と排泄促進をうながし、緑内障の治療になります。 

F逆さまつげの治療
逆さまつげは生えてくるたび繰り返しの処置が必要になる事がありますが、レーザーで毛根部を組織破壊することで半永久的に脱毛ができます。


これらの他にも、様々な応用 方法があります。





こみなと動物病院こみなと動物病院

〒962-0032
福島県須賀川市大袋町54-3
TEL 0248-94-5399

 平日・土曜 
午前9時〜11時30
午後3時〜6時30
日曜・祝日 
午前10時〜12時30
休診日 
 水曜日

須賀川I.Cより車で3分


健康診断 わん・にゃんドック